つばさ(・)>の徒然草

つばさなの(・)> つれづれなるままに、ひぐらし、MacBookAir とかのモニターに向ひて、心に映るよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば、いみじうこそ物狂おしけれ(´・)>

おまけ: デキストロメトルファン臭化水素酸塩の過量服薬 (オーバードーズ) について: 警告

デキストロメトルファン臭化水素酸塩*1*2オーバードーズすると呼気が臭化水素くさくなります。うわー…臭化水素くちゃいくちゃい、うんこー野郎め~(・)>、ぎゃっ💢ぎゃっ💢(・)>

冗談です。

実際のオーバードーズによる副作用

覚醒剤に似た幻覚作用があるのは有名ですね。咳止め薬ってだいたい気分高揚作用がある気がします。エフェドリンとかコデインとかああいう系統ね*3*4*5。なのでリタリンの代わりになります*6*7

その幻覚作用以前の問題として、咳止め薬全般の副作用として呼吸抑制・困難の方が先に出ちゃう人もいるかもしれませんね。

デパスの依存性に関する例のアノネタに関する個人の感想

「10 年間飲み続けてますけど、デパスが依存性を形成するようには感じません、大丈夫ですよ」

という、「いや、10 年飲み続けてるとか十分依存してるじゃん」という、例のあのネタに関する個人の雑感ですが。

私の場合、デパス/エチゾラムは 2004–10 年が毎日定期的に、以降は時々頓服で飲んでいる程度ですが、少なくとも僕の体質的には依存性を形成する程度のものではないと思います。いや、ツッコミがくるのは分かるんですけどね。本当の依存性って違うもん、分かるもん。デパスに関しては飲み忘れても「まあ別にいいか」レベルでしたし、確かに飲み忘れたときは不安・不眠が少し強まってたのかもしれませんが、そこまで気になるレベルではなかったです。とはいえ、デパス自体は依存性がかなり高い薬といわれているのは確かので気をつけてくださいね。精神科領域で処方されていると意識はするんでしょうけど、整形外科領域で処方される*15とあまりそういう意識がなく依存に陥ってしまう気がするんですよ。

*1:名前が長いので僕なんかは先発医薬品名でメジコンって呼びますけどね~

*2:メジコンは剤型がちっさくて飲みやすいですし (関係ない)

*3:ちなみに、私はこういう精神を高揚させる系の薬がリーガルなもの(抗うつ剤)からイリーガルな効用まで含めて、かなーり効果が薄いので、こういうのでオーバードーズして楽しんでいる人がうらやましいというか、隔世感というか、そういうのを感じます。おそらく、精神高揚効果を出す体内化学物質が人と微妙にずれてるんでしょうね。あるいは精神がダウンする原因が人と微妙に違うとか。たいていの場合はセロトニンとかノルアドレナリンの不足じゃないとか

*4:「たいてい」と言ったのは時々は効く時があるため。リフレックスやレクサプロが時々効くので、そういう時はセロトニン and/or ノルアドレナリン不足なんでしょうね。効かないときは副作用だけ出ますが。あと 8 年飲まざるを得なかったパキシルは、ほぼ効かないんだと思いますw

*5:ちなみに精神高揚効果と言ったけど、そういう医薬品はないと思います。日本だとイリーガルなものと見なされがちですし。おそらく、抗不安剤抗うつ剤は不安感や憂鬱感が弱まるので、その代わりに、相対的なやる気の高まりや幸福感が発生するのでしょう。ちなみに、日本ではイリーガルといいましたが、一般的に、欧米では(欧米人がそもそも日本人に比べてハイなので)精神を抑える系の違法薬物が好んで使われ、日本では逆に精神を高揚させる系の違法薬物が好んで使われるので、そういう系統の薬がイリーガル判定されやすい (医薬品として認められにくい) という話は聞いたことあります。本当か知らないけど

*6:危険なのでやめてください。リタリンもそうですが最悪死にます

*7:リタリンと似たような危険性がリーマスにもあるけど、双極性障害の第一選択薬は、まー、リーマスだよね

*8:なんか 10 分ほど前に飲んだレスタミン、もう効き始めてるんですけど。フラシボなのか、さすがっていうか、怖いって言うか…

*9:病院に運ばれたときは、お医者さんが痛みをなんとかする薬を処方してくれないとか文句言ってたくせに

*10:ちなみにそのときは発症から 20 時間くらい、下血と腹部の鈍痛と不快感に耐えてました。いや、発症当初はスマートフォン操作するのも厳しい状態だったんですけど。それくらいで死にませんw

*11:つばさは高校卒業するまで死にません

*12:死ねばよかったんじゃないですか?

*13:今朝、私の希死念慮ってひょっとすると 2 歳くらいで形成されたんじゃないかなあとふと思いました。一番古い記憶に血まみれの記憶があるのはそれが抽象化したものかもしれません。あるいは本当に 2 歳のときに実際に死のうとして高いところから落ちたのかも。「どこかから落ちて(誰か知らないけど)血まみれになって、目の前に真っ赤な血が拡がっている」というのが正確な記憶のないようです。「誰か知らないけど」ってあたりも意味不明なんですがw

*14:だから、よく聴く「子供の頃はよかったけど、今はつらくて死にたい」みたいなこと言う人の気持ちがぜんぜん分からないんですよね。僕にとっては人生は物心ついた頃から憂鬱で辛いもので、むしろ最近に近づくにつれてマシになっているんですよ。それでも、希死念慮が幼少時に形成されたため (という仮説に基づくと) あまりにも精神の根っこに巣食っていて、克服することが自分を否定するレベルになっちゃってるのかも知れませんね、笑えますw

*15:デパスには緊張緩和作用があるので、極度の肩こりや神経痛への適用があります。抗不安や抗不安を兼ねた短期型睡眠導入以外にも

広告を非表示にする