つばさ(・)>の徒然草

つばさなの(・)> つれづれなるままに、ひぐらし、MacBookAir とかのモニターに向ひて、心に映るよしなしごとをそこはかとなく書きつくれば、いみじうこそ物狂おしけれ(´・)>

合併市制と市制

以前、1955 年の国勢調査資料を眺めていた時に、「市区町村の廃置分合, 境界変更, 名称変更一覧表」というのがあるのに気づきました。よく見ると、直前の国勢調査の時点での市町村とその人口、さらに当該国勢調査まで*1 の市町村の変遷とそれに伴う人口増減*2が記載されていました。…割と分かりづらく*3。 これを眺めていると結構面白くて、合併して市制する前は人口 1 万を超える町村がひとつもなかったところや、中心と思われる町村の人口が思った以上に少ないところがありました。合併前はいわゆる昭和の大合併の前にあたります。大合併前は全国に約 1 万の町村があったので、人口が少ないというのはおかしくない話です。

これをまとめておくと割と面白いんじゃないかと思い、下記の表のようにまとめてみました。一度にはできませんが、少しずつ追加していこうと考えています。

起点は 1950 年 10 月 1 日。表の項目の定義と凡例は、最大町村: 合併前町村のうち直近国勢調査での人口が最も多い町村, 中心町村: 合併前町村のうち中心と思われる町村 (主観で選択), (それぞれの)人口: 直近国勢調査での人口, [yy] は 19yy 年国勢調査の人口であることを示す*4, 合併?: y は合併など市町村域の拡大を伴う市制, n はそれ以外の市制 (単独市制)*5*6, 市制日: yyyy.(m)m.(d)d 形式。表にはすべての市制を列挙しますが, 上述の当初の興味にしたがって, 合併を伴わない市制事例については市名と市制日のみを挙げることにします (テーブル並び替えテストのために用いた所沢と三鷹は全項目記載).

市名 最大町村 最大町村の人口 中心町村 中心町村の人口 合併? 市制日
関町 27380[50] 関町 27380[50] y 1950.10.15
所沢 所沢町 42559[50] 所沢町 42559[50] n 1950.11.3
三鷹 三鷹 54820[50] 三鷹 54820[50] n 1950.11.3
古川 古川町 17668[50] 古川町 17668[50] y 1950.12.15
新津 中蒲原郡新津町 n 1951.1.1
焼津 n 1951.3.1
挙母 n 1951.3.1
宇治 宇治町 15081[50] 宇治町 15081[50] y 1951.3.1
佐原 佐原町 23280[50] 佐原町 23280[50] y 1951.3.15
新湊 n 1951.3.15
富士吉田 下吉田町 19721[50] 下吉田町 19721[50] y 1951.3.20
小浜 小浜町 16668[50] 小浜町 16668[50] y 1951.3.30
横手 横手町 26988[50] 横手町 26988[50] y 1951.4.1
大館 大館町 23444[50] 大館町 23444[50] y 1951.4.1
青梅 青梅町 15301[50] 青梅町 15301[50] y 1951.4.1
龍野 龍野町 13947[50] 龍野町 13947[50] y 1951.4.1
津久見 津久見 23116[50] 津久見 23116[50] y 1951.4.1
日向 富島町 26122[50] 富島町 26122[50] y 1951.4.1
寝屋川 n 1951.5.3
小松島 n 1951.6.1
赤穂 赤穂町 28313[50] 赤穂町 28313[50] y 1951.9.1
玉島 n 1952.1.1
大船渡 大船渡町 8008[50] 大船渡町 8008[50] y 1952.4.1
茂原 茂原町 15411[50] 茂原町 15411[50] y 1952.4.1
魚津 魚津町 15548[50] 魚津町 15548[50] y 1952.4.1
中津川 n 1952.4.1
西脇 西脇町 15066[50] 西脇町 15066[50] y 1952.4.1
笠岡 小田郡笠岡町 22006[50] 笠岡町 22006[50] y 1952.4.1
柳川 n 1952.4.1
阿久根 n 1952.4.1
安城 碧海郡安城 n 1952.5.5
氷見 氷見郡氷見町 23230[50] 氷見町 23230[50] y 1952.8.1
益田 美濃郡益田町 22059[50] 益田町 22059[50] y 1952.8.1
西大寺 上道郡西大寺 14653[50] 西大寺 14653[50] y 1953.2.1
芦別 空知郡芦別 n 1953.4.1
井原 後月郡井原町 13200[50] 井原町 13200[50] y 1953.4.1
因島 御調郡土生町 13488[50] 土生町 13488[50] y 1953.5.1
気仙沼 本吉郡気仙沼 21313[50] 気仙沼 13488[50] y 1953.6.1
倉吉 東伯郡倉吉 25371[50] 倉吉 25371[50] y 1953.10.1
西尾 幡豆郡西尾町 25283[50] 西尾 25283[50] y 1953.12.15
飯能 入間郡飯能町 n 1954.1.1
大和郡山 生駒郡郡山町 n 1954.1.1
大田 安濃郡大田町 7584[50] 大田 7584[50] y 1954.1.1
石岡 新治郡石岡町 25769[50] 石岡 25769[50] n* 1954.2.11
日光 上都賀郡日光町 29363[50] 日光 29363[50] y 1954.2.11
滑川 中新川郡滑川町 13700[50] 滑川 13700[50] n* 1954.3.1
小千谷 北魚沼郡小千谷 25724[50] 小千谷 25724[50] y 1954.3.10
加茂 南蒲原郡加茂町 27741[50] 加茂 27741[50] y 1954.3.10
下館 真壁郡下館町 16153[50] 下館 16153[50] y* 1954.3.15
結城 結城郡結城町 20404[50] 結城 20404[50] y* 1954.3.15
原町 相馬郡原町 17404[50] 原町 17404[50] y 1954.3.20
龍ヶ崎 稲敷郡龍ヶ崎町 13848[50] 龍ヶ崎町 13848[50] y 1954.3.20
本荘 由利郡本荘町 19143[50] 本荘町 19143[50]
ytest
1954.3.31
男鹿 南秋田郡船川港町 16565[50] 船川港町 16565[50] y 1954.3.31
湯沢 雄勝郡湯沢町 17465[50] 湯沢町 17465[50] y 1954.3.31
須賀川 岩瀬郡須賀川 25095[50] 須賀川 25095[50] y 1954.3.31
喜多方 耶麻郡喜多方町 17767[50] 喜多方町 17767[50] y 1954.3.31
常磐 石城郡湯本町 28363[50] 湯本町 28363[50] y* 1954.3.31
磐城 石城郡小名浜 26608[50] 小名浜 26608[50] y* 1954.3.31
相馬 相馬郡中村町 20920[50] 中村町 20920[50] y 1954.3.31
那珂湊 那珂郡那珂湊 20274[50] 那珂湊 20274[50] y* 1954.3.31
今市 上都賀郡今市町 18044[50] 今市町 18044[50] y 1954.3.31
小山 下都賀郡小山町 21439[50] 小山町 21439[50] y 1954.3.31
成田 印旛郡成田町 13765[50] 成田町 13765[50] y 1954.3.31
佐倉 印旛郡佐倉町 12653[50] 佐倉町 12653[50] y 1954.3.31
十日町 中魚沼郡十日町 14063[50] 十日町 14063[50] y 1954.3.31
見附 南蒲原郡見附町 17982[50] 見附町 17982[50] y* 1954.3.31
西蒲原郡燕町 20847[50] 燕町 20847[50] y 1954.3.31
村上 岩船郡村上町 15711[50] 村上町 15711[50] y 1954.3.31

Excel での markdown table 生成テスト

市名 最大町村 最大町村の人口 合併? 市制日
武儀郡関町 27380[50] y 1950.10.15
所沢 所沢町 42559[50] n 1950.11.3
三鷹 北多摩郡三鷹 54820[50] n 1950.11.3
古川 志田郡古川町 17668[50] y 1950.12.15
新津 中蒲原郡新津町 [50] n 1951.1.1
焼津 [50] n 1951.3.1
挙母 [50] n 1951.3.1
宇治 宇治町 15081[50] y 1951.3.1
佐原 香取郡佐原町 23280[50] y 1951.3.15
新湊 射水郡新湊町 [50] n 1951.3.15
富士吉田 下吉田町 19721[50] y 1951.3.20
小浜 小浜町 16668[50] y 1951.3.30
横手 横手町 26988[50] y 1951.4.1
大館 大館町 23444[50] y 1951.4.1
青梅 西多摩郡青梅町 15301[50] y 1951.4.1
龍野 龍野町 13947[50] y 1951.4.1
津久見 津久見 23116[50] y 1951.4.1
日向 富島町 26122[50] y 1951.4.1
寝屋川 [50] n 1951.5.3
小松島 [50] n 1951.6.1
赤穂 赤穂町 28313[50] y 1951.9.1
玉島 [50] n 1952.1.1
大船渡 大船渡町 8008[50] y 1952.4.1
茂原 長生郡茂原町 15411[50] y 1952.4.1
魚津 下新川郡魚津町 15548[50] y 1952.4.1
中津川 [50] n 1952.4.1
西脇 西脇町 15066[50] y 1952.4.1
笠岡 小田郡笠岡町 22006[50] y 1952.4.1
柳川 山門郡柳河町 8786[50] y 1952.4.1
阿久根 [50] n 1952.4.1
安城 碧海郡安城 [50] n 1952.5.5
氷見 氷見郡氷見町 23230[50] y 1952.8.1
益田 美濃郡益田町 22059[50] y 1952.8.1
西大寺 上道郡西大寺 14653[50] y 1953.2.1
芦別 空知郡芦別 [50] n 1953.4.1
井原 後月郡井原町 13200[50] y 1953.4.1
因島 御調郡土生町 13488[50] y 1953.5.1
気仙沼 本吉郡気仙沼 21313[50] y 1953.6.1
倉吉 東伯郡倉吉 25371[50] y 1953.10.1
西尾 幡豆郡西尾町 25283[50] y 1953.12.15
飯能 入間郡飯能町 [50] n 1954.1.1
大和郡山 生駒郡郡山町 24262[50] y* 1954.1.1
大田 安濃郡大田町 7584[50] y 1954.1.1
石岡 新治郡石岡町 25769[50] n* 1954.2.11
日光 上都賀郡日光町 29363[50] y 1954.2.11
滑川 中新川郡滑川町 13700[50] n* 1954.3.1
小千谷 北魚沼郡小千谷 25724[50] y 1954.3.10
加茂 南蒲原郡加茂町 27741[50] y 1954.3.10
下館 真壁郡下館町 16153[50] y* 1954.3.15
結城 結城郡結城町 20404[50] y* 1954.3.15
原町 相馬郡原町 17404[50] y 1954.3.20
龍ヶ崎 稲敷郡龍ヶ崎町 13848[50] y 1954.3.20
本荘 由利郡本荘町 19143[50] y 1954.3.31
男鹿 南秋田郡船川港町 16565[50] y 1954.3.31
湯沢 雄勝郡湯沢町 17465[50] y 1954.3.31
須賀川 岩瀬郡須賀川 25095[50] y 1954.3.31
喜多方 耶麻郡喜多方町 17767[50] y 1954.3.31
常磐 石城郡湯本町 28363[50] y* 1954.3.31
磐城 石城郡小名浜 26608[50] y* 1954.3.31
相馬 相馬郡中村町 20920[50] y 1954.3.31
那珂湊 那珂郡那珂湊 20274[50] y* 1954.3.31
今市 上都賀郡今市町 18044[50] y 1954.3.31
小山 下都賀郡小山町 21439[50] y 1954.3.31
成田 印旛郡成田町 13765[50] y 1954.3.31
佐倉 印旛郡佐倉町 12653[50] y 1954.3.31
十日町 中魚沼郡十日町 14063[50] y 1954.3.31
見附 南蒲原郡見附町 17982[50] y* 1954.3.31
西蒲原郡燕町 20847[50] y 1954.3.31
村上 岩船郡村上町 15711[50] y 1954.3.31
輪島 鳳至郡輪島町 15604[50] y 1954.3.31
藤枝 志太郡藤枝町 15037[50] y 1954.3.31
掛川 小笠郡掛川 17137[50] y 1954.3.31
富士 富士郡富士町 22043[50] y 1954.3.31
名張 名賀郡名張 13933[50] y 1954.3.31
近江八幡 蒲生郡八幡町 14593[50] y 1954.3.31
総社 吉備郡総社町 10310[50] y 1954.3.31
三次 双三郡十日市町 11181[50] y 1954.3.31
松永 沼隈郡松永町 7734[50] y 1954.3.31
府中 芦品郡府中町 14178[50] y 1954.3.31
庄原 比婆郡庄原町 9206[50] y 1954.3.31
美禰 美禰郡大嶺町 14400[50] y 1954.3.31
長門 大津郡深川町 13037[50] y 1954.3.31
柳井 玖珂郡柳井町 20136[50] y 1954.3.31
善通寺 仲多度郡善通寺 22535[50] y 1954.3.31
中村 幡多郡中村町 9989[50] y 1954.3.31
宿毛 幡多郡宿毛 14286[50] y 1954.3.31
鶴崎 大分郡鶴崎 17751[50] y 1954.3.31
竹田 直入郡竹田町 11306[50] y 1954.3.31
水沢 胆沢郡水沢町 18924[50] y 1954.4.1
花巻 稗貫郡花巻町 22388[50] y 1954.4.1
北上 和賀郡黒沢尻町 16014[50] y 1954.4.1
白石 刈田郡白石町 17792[50] y 1954.4.1
沼田 利根郡沼田町 20623[50] y 1954.4.1
館林 邑楽郡館林町 23108[50] y 1954.4.1
渋川 北群馬郡渋川町 20763[50] y 1954.4.1
藤岡 多野郡藤岡町 14468[50] y 1954.4.1
富岡 甘楽郡富岡町 17563[50] y 1954.4.1
東金 山武郡東金町 13141[50] y 1954.4.1
府中 北多摩郡府中町 30308[50] y 1954.4.1
黒部 下新川郡桜井町 22721[50] y 1954.4.1
礪波 東礪波郡出町 6868[50] y* 1954.4.1
須坂 上高井郡須坂町 24616[50] y* 1954.4.1
小諸 北佐久郡小諸町 17039[50] y* 1954.4.1
伊那 上伊那郡伊那町 23273[50] y 1954.4.1
羽島 羽島郡竹ヶ鼻町 11505[50] y 1954.4.1
美濃 武儀郡美濃町 11169[50] y 1954.4.1
恵那 恵那郡大井町 8761[50] y 1954.4.1
美濃加茂 加茂郡古井町 8249[50] y 1954.4.1
瑞浪 土岐郡瑞浪 7908[50] y 1954.4.1
常滑 知多郡常滑 14045[50] y 1954.4.1
犬山 丹羽郡犬山町 19708[50] y 1954.4.1
蒲郡 宝飯郡蒲郡 26080[50] y 1954.4.1
河内長野 南河内郡長野町 16603[50] y 1954.4.1
宝塚 武庫郡良元村 21687[50] y 1954.4.1
天理 山辺丹波市 19046[50] y 1954.4.1
御坊 日高郡御坊町 16074[50] y 1954.4.1
安来 能義郡安来町 10003[50] y 1954.4.1
江津 那賀郡江津町 12236[50] y 1954.4.1
甘木 朝倉郡甘木町 11692[50] y 1954.4.1
筑後 八女郡水田村 16091[50] y 1954.4.1
八女 八女郡福島町 10262[50] y 1954.4.1
山田 嘉穂郡山田町 36379[50] n 1954.4.1
大川 三瀦郡大川町 18601[50] y 1954.4.1
鹿島 藤津郡鹿島町 10989[50] y 1954.4.1
伊万里 西松浦郡伊万里町 22116[50] y 1954.4.1
鳥栖 三養基郡鳥栖 16567[50] y 1954.4.1
武雄 杵島郡武雄町 14909[50] y 1954.4.1
福江 南松浦郡福江町 15701[50] y 1954.4.1
玉名 玉名郡玉名町 14006[50] y 1954.4.1
山鹿 鹿本郡山鹿町 12965[50] y 1954.4.1
本渡 天草郡本渡町 16593[50] y 1954.4.1
指宿 揖宿郡指宿町 27847[50] y 1954.4.1
出水 出水郡出水町 22212[50] y 1954.4.1
大口 伊佐郡大口町 17772[50] y 1954.4.1
塩山 東山梨郡塩山町 14764[50] y* 1954.4.5
逗子 三浦郡逗子町 35908[50] n 1954.4.15
都留 南都留郡谷村町 14503[50] y 1954.4.29
昭島 北多摩郡昭和町 24059[50] y 1954.5.1
高梁 上房郡高梁町 12577[50] y 1954.5.1
多久 小城郡北多久町 13322[50] y 1954.5.1
大曲 仙北郡大曲町 15325[50] y 1954.5.3
加須 北埼玉郡加須町 7908[50] y 1954.5.3
豊後高田 西国東郡高田町 14453[50] y* 1954.5.31
下妻 真壁郡下妻町 10335[50] y 1954.6.1
栃尾 古志郡栃尾 11312[50] y 1954.6.1
直江津 中頸城郡直江津 18712[50] y 1954.6.1
糸魚川 西頸城郡糸魚川 12099[50] y 1954.6.1
守山 東春日井郡守山町 33951[50] y 1954.6.1
江南 丹羽郡古知野町 21137[50] y 1954.6.1
宮津 与謝郡宮津 15300[50] y 1954.6.1
三木 美嚢郡三木町 14764[50] y 1954.6.1
新見 阿哲郡新見町 7596[50] y 1954.6.1
尾鷲 北牟婁郡尾鷲町 19075[50] y 1954.6.20
江別 札幌郡江別町 31647[50] n 1954.7.1
赤平 空知郡赤平町 50371[50] n 1954.7.1
紋別 紋別郡紋別町 23046[50] y 1954.7.1
士別 上川郡士別 20880[50] y 1954.7.1
黒石 南津軽郡黒石町 10691[50] y 1954.7.1
東松山 比企郡松山町 15174[50] y 1954.7.1
本庄 児玉郡本庄町 22914[50] y 1954.7.1
春日部 南埼玉郡春日部町 14922[50] y 1954.7.1
狭山 入間郡入間川 11963[50] y 1954.7.1
岩槻 南埼玉郡岩槻町 13011[50] y* 1954.7.1
八日市場 匝瑳八日市場町 10169[50] y* 1954.7.1
海上郡旭町 10924[50] y* 1954.7.1
大野 大野郡大野町 17711[50] y 1954.7.1
山梨 東山梨郡加納岩町 6441[50] y 1954.7.1
大町 北安曇郡大町 17473[50] y 1954.7.1
中野 下高井郡中野町 13352[50] y 1954.7.1
駒ヶ根 上伊那郡赤穂町 19250[50] y 1954.7.1
高砂 加古郡高砂町 17656[50] y 1954.7.1
牛深 天草郡牛深町 19434[50] y 1954.7.1
内郷 石城郡内郷町 37082[50] n 1954.7.10
水海道 結城郡水海道町 10942[50] y* 1954.7.10
常陸太田 久慈郡太田町 11155[50] y 1954.7.15
珠洲 珠洲西海村 6781[50] y 1954.7.15
加世田 川辺郡加世田町 22402[50] y 1954.7.15
寒河江 西村山郡寒河江 14980[50] y 1954.8.1
習志野 千葉郡津田沼 23660[50] y 1954.8.1
飯山 下水内郡飯山町 10113[50] y 1954.8.1
川西 川辺郡川西町 24146[50] y 1954.8.1
安芸 安芸郡安芸町 12452[50] y 1954.8.1
佐清 幡多郡清水町 16280[50] y 1954.8.1
大月 北都留郡大月町 11128[50] y 1954.8.8
八日市 神崎郡八日市 9691[50] y 1954.8.15
羽生 北埼玉郡羽生町 12017[50] y 1954.9.1
東葛 東葛飾郡柏町 21081[50] y 1954.9.1
勝山 大野郡勝山町 18196[50] y 1954.9.1
大竹 佐伯郡大竹町 14448[50] y 1954.9.1
大洲 喜多郡大洲町 18572[50] y 1954.9.1
鴻巣 北足立郡鴻巣 13421[50] y 1954.9.30
五所川原 北津軽郡五所川原 12393[50] y 1954.10.1
上山 南村山郡上山町 16222[50] y 1954.10.1
真岡 芳賀郡真岡町 13514[50] y 1954.10.1
亀山 鈴鹿郡亀山町 15787[50] y 1954.10.1
須崎 高岡郡須崎町 16180[50] y 1954.10.1
韮崎 北巨摩郡韮崎町 9533[50] y 1954.10.10
行橋 京都郡行橋町 15923[50] y 1954.10.10
草津 栗太郡草津町 10874[50] y 1954.10.15
村山 北村山郡楯岡町 10632[50] y 1954.11.1
勝田 那珂郡勝田町 24033[50] y 1954.11.1
新井 中頸城郡新井町 11884[50] y 1954.11.1
鳥羽 志摩郡鳥羽町 11117[50] y 1954.11.1
伊予三島 宇摩郡三島町 18704[50] y 1954.11.1
川之江 宇摩郡川之江 11857[50] y 1954.11.1
久慈 九戸郡久慈町 10315[50] y 1954.11.3
五泉 中蒲原郡五泉 18748[50] y 1954.11.3
両津 佐渡郡両津町 9402[50] y 1954.11.3
熊野 南牟婁郡有井村 6657[50] y 1954.11.3
串間 南那珂郡福島町 13203[50] y 1954.11.3
長井 西置賜郡長井町 13440[50] y 1954.11.15
相模原 高座郡相模原町 68898[50] n 1954.11.20
高萩 多賀郡高萩町 19449[50] y 1954.11.23
遠野 上閉伊郡遠野町 9667[50] y 1954.12.1
大田原 那須郡田原町 15864[50] y 1954.12.1
小野 加東郡小野町 10326[50] y 1954.12.1

1951年, 赤穂市まで書いた時点での雑感

1951 年は意外と市制数は少ないですね。17 件。年ごとの市制数をざっと調べてみると、1949 年: 6 件, 1950 年: 17 件, 1951 年: 11 件, 1952 年: 12 件, 1953 年: 8 件, 1954 年 176 件‥‥‥、1954 年!!! 176 件!!! 1955 年: 26 件, 1956 年: 10 件。1954 年何があったんだ? どうやらこの作業の最大のヤマは 1954 年に険しく発生するようです‥‥‥。*7ここまでは中心となったと見られる町の人口は最小でも龍野町の約 1.4 万人と、その当時としてはそれなりに大きい町村が核となって合併市制が行われていたようです。市制人口基準の 3 万人にかなり近くても合併市制をしている事例が割とあります。9 割の約 2.7 万以上の町が核となったと見られる事例は、関・横手・赤穂の 3 町。他にも核となったとみられる町の人口が合併後の人口の大半を占めている事例がかなり多いです。これらの事例では核となった町以外の合併町村数が少なく、すでに生活圏としての都市圏がかなり大きくなっていたんだろうなと推測されます。

表計算で作った方がよかったのかな? まあ、最近は web の表を表計算に貼り付けても不具合が生じにくいことが多いのでこれはこれでよしと…(未確認ですが)。

1952 年 4 月, 阿久根市まで書いた時点での感想

大船渡。人口 8 千人で市制できるんですね。大船渡市の場合、大船渡町以外に盛町も合併しているのですが、盛町の 1950 年人口は 4478 人。合わせて 1.3 万人足らずなので、核となる都市全体としてはそれなりの人口ではあるのですが。

あと、ここまで書いて市制前の郡を書いた方がいいかもしれないと思い始めました。すべての合併町村の郡を書く必要は必ずしもないわけですし

1954 年 3 月 31 日市制の市を書いてる途中

表計算でデータを作り, 自動で表の Markdown ソースを作ることにしました。あと、今の所、中心と思われる町村と、人口最大と思われる町村が異なってる事例がないので、人口最大町村の列は新しい表では省略しています。右端に備考の列を作ってそこに記してもいいのかも。合併経緯とかもそこで。

1954 年 7 月 10 日市制の市を書いてる途中

書きながら以下のようなことを調べてればいいのかなあと思いました:

  • まずは、1950 年 10 月 2 日 から 1955 年 10 月 1 日までの市制についてリストにする
  • 合併前の最大町村 or 中心町村の人口をヒストグラム化 or 並べ替えすれば何かわかる?
  • 「合併前」はいつまで? 人口の成長もない (寄与が小さい) のに合併してたら、その前の人口を見るべき?
  • 合併前の面積 or 人口密度を調べると何かわかる?

*1:1955 年国勢調査なら、1950 年 10 月 1 日 [2 日?] から 1955 年 10 月 1 日 [9 月 30 日?]

*2:直前の国勢調査時の人口基準

*3:分かりづらいのだけど、こう記載するしかなかったのかなとも思います。たいていの市区町村の異動経緯って複雑ですからね

*4:1950 年 10 月 2 日以降, 市制までに合併があった場合は, 1950 年 10 月 1 日現在の中心と思われる町村の人口を示す

*5:合併を伴う市制の場合はミッドナイトブルーで色付けしボールド表記で強調した. ただし, 最大町村と中心町村が一致すると思われる場合, 中心町村と中心町村の人口部分は強調しない.

*6:1950 年 10 月 2 日以降の合併とみなせる市町村領域の異動があった場合は合併市制に準じる. ただし, y* と表記する. ←あとから追加したルールなので一部適用されていない

*7:1953 年で挫折するのかな?

市町村変遷表試行 -徳島県海部郡-

徳島県海部郡の市町村変遷

那賀郡と共通にした方がいいのかもと考えたり。

1889 年 10 月 1 日
の市町村
1933 年までの異動1957 年までの異動
2005–06 年
の異動
*手続き上は, 赤河内町町制, 日和佐町を赤河内町に編入, 赤河内町を日和佐町に改称の順
阿部村由岐町 (55.2.11 編入後改称)
(06.3.31 新設)
三岐田村三岐田町 (22.4.17 町制)由岐町 (55.2.11 改称)
日和佐村日和佐町 (07.11.1 町制)日和佐町 (56.9.30 事実上の新設*)
河内村
牟岐牟岐町 (15.11.10 町制)
浅川村海南町 (55.3.31 新設町制)
(06.3.31 新設)
川上村
川東村
川西村海部町 (55.3.31 新設)
鞆奥村鞆奥町 (23.1.1 町制)
宍喰村宍喰町 (24.8.10 町制)
下木頭村那賀郡 宮浜村 (29.7.1 編入)
(56.9.30 新設
57.1.1 町制)
(新設 05.3.1)
中木頭村
平谷村 (改称)
那賀郡ヘ郡変更
(51.1.1)
上木頭村(大字海川)
那賀郡ヘ郡変更
(51.1.1)
(57.1.1 編入後町制)
上木頭村(大字助)木頭村 (57.1.1 新設)
上木頭村(和無田・出原)
奥木頭村
(11.10.1 編入)
木頭村
(33.1.1 改称)
奥木頭村

おまけ: デキストロメトルファン臭化水素酸塩の過量服薬 (オーバードーズ) について: 警告

デキストロメトルファン臭化水素酸塩*1*2オーバードーズすると呼気が臭化水素くさくなります。うわー…臭化水素くちゃいくちゃい、うんこー野郎め~(・)>、ぎゃっ💢ぎゃっ💢(・)>

冗談です。

実際のオーバードーズによる副作用

覚醒剤に似た幻覚作用があるのは有名ですね。咳止め薬ってだいたい気分高揚作用がある気がします。エフェドリンとかコデインとかああいう系統ね*3*4*5。なのでリタリンの代わりになります*6*7

その幻覚作用以前の問題として、咳止め薬全般の副作用として呼吸抑制・困難の方が先に出ちゃう人もいるかもしれませんね。

デパスの依存性に関する例のアノネタに関する個人の感想

「10 年間飲み続けてますけど、デパスが依存性を形成するようには感じません、大丈夫ですよ」

という、「いや、10 年飲み続けてるとか十分依存してるじゃん」という、例のあのネタに関する個人の雑感ですが。

私の場合、デパス/エチゾラムは 2004–10 年が毎日定期的に、以降は時々頓服で飲んでいる程度ですが、少なくとも僕の体質的には依存性を形成する程度のものではないと思います。いや、ツッコミがくるのは分かるんですけどね。本当の依存性って違うもん、分かるもん。デパスに関しては飲み忘れても「まあ別にいいか」レベルでしたし、確かに飲み忘れたときは不安・不眠が少し強まってたのかもしれませんが、そこまで気になるレベルではなかったです。とはいえ、デパス自体は依存性がかなり高い薬といわれているのは確かので気をつけてくださいね。精神科領域で処方されていると意識はするんでしょうけど、整形外科領域で処方される*15とあまりそういう意識がなく依存に陥ってしまう気がするんですよ。

*1:名前が長いので僕なんかは先発医薬品名でメジコンって呼びますけどね~

*2:メジコンは剤型がちっさくて飲みやすいですし (関係ない)

*3:ちなみに、私はこういう精神を高揚させる系の薬がリーガルなもの(抗うつ剤)からイリーガルな効用まで含めて、かなーり効果が薄いので、こういうのでオーバードーズして楽しんでいる人がうらやましいというか、隔世感というか、そういうのを感じます。おそらく、精神高揚効果を出す体内化学物質が人と微妙にずれてるんでしょうね。あるいは精神がダウンする原因が人と微妙に違うとか。たいていの場合はセロトニンとかノルアドレナリンの不足じゃないとか

*4:「たいてい」と言ったのは時々は効く時があるため。リフレックスやレクサプロが時々効くので、そういう時はセロトニン and/or ノルアドレナリン不足なんでしょうね。効かないときは副作用だけ出ますが。あと 8 年飲まざるを得なかったパキシルは、ほぼ効かないんだと思いますw

*5:ちなみに精神高揚効果と言ったけど、そういう医薬品はないと思います。日本だとイリーガルなものと見なされがちですし。おそらく、抗不安剤抗うつ剤は不安感や憂鬱感が弱まるので、その代わりに、相対的なやる気の高まりや幸福感が発生するのでしょう。ちなみに、日本ではイリーガルといいましたが、一般的に、欧米では(欧米人がそもそも日本人に比べてハイなので)精神を抑える系の違法薬物が好んで使われ、日本では逆に精神を高揚させる系の違法薬物が好んで使われるので、そういう系統の薬がイリーガル判定されやすい (医薬品として認められにくい) という話は聞いたことあります。本当か知らないけど

*6:危険なのでやめてください。リタリンもそうですが最悪死にます

*7:リタリンと似たような危険性がリーマスにもあるけど、双極性障害の第一選択薬は、まー、リーマスだよね

*8:なんか 10 分ほど前に飲んだレスタミン、もう効き始めてるんですけど。フラシボなのか、さすがっていうか、怖いって言うか…

*9:病院に運ばれたときは、お医者さんが痛みをなんとかする薬を処方してくれないとか文句言ってたくせに

*10:ちなみにそのときは発症から 20 時間くらい、下血と腹部の鈍痛と不快感に耐えてました。いや、発症当初はスマートフォン操作するのも厳しい状態だったんですけど。それくらいで死にませんw

*11:つばさは高校卒業するまで死にません

*12:死ねばよかったんじゃないですか?

*13:今朝、私の希死念慮ってひょっとすると 2 歳くらいで形成されたんじゃないかなあとふと思いました。一番古い記憶に血まみれの記憶があるのはそれが抽象化したものかもしれません。あるいは本当に 2 歳のときに実際に死のうとして高いところから落ちたのかも。「どこかから落ちて(誰か知らないけど)血まみれになって、目の前に真っ赤な血が拡がっている」というのが正確な記憶のないようです。「誰か知らないけど」ってあたりも意味不明なんですがw

*14:だから、よく聴く「子供の頃はよかったけど、今はつらくて死にたい」みたいなこと言う人の気持ちがぜんぜん分からないんですよね。僕にとっては人生は物心ついた頃から憂鬱で辛いもので、むしろ最近に近づくにつれてマシになっているんですよ。それでも、希死念慮が幼少時に形成されたため (という仮説に基づくと) あまりにも精神の根っこに巣食っていて、克服することが自分を否定するレベルになっちゃってるのかも知れませんね、笑えますw

*15:デパスには緊張緩和作用があるので、極度の肩こりや神経痛への適用があります。抗不安や抗不安を兼ねた短期型睡眠導入以外にも